離島引越しの繁忙期(3/1~4/15)中の先行予約区間対応について

いつも「奄美引越し便」のアイランデクス株式会社をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

繁忙期の対応に関するご相談及び受注制限、手配に関して下記の通りお知らせいたします。

 

~3月・4月の受注に関して~

引越業界全体が繁忙期となります。特に3月1日から4月15日は、離島行きで異動される教員・自衛官・海上保安庁・官公庁職員・その他法人様からのご依頼が殺到する関係で、すべてのご依頼に対応できない状況となります。当社としましても最大限の努力・対応を行いますが場合によっては新規、定期案件問わず受注に関してご相談やお願いをさせていただくことがございます。

また、3/26〜4/5の期間でご用命のお客様に関しましては、先行予約の時期を1月中旬頃からの見通しで開始致します。

※全国に協力会社を配置しているとはいえ、枠に限りがございますことをご了承ください。

なお、【先行予約】をご希望の方は、当ページの下側の 〜先行予約のご希望について〜 をご覧下さい。

 

~料金に関して~

通常時期と比較して、繁忙期は船代金などすべての輸送料金が上がり、結果として引越しのお見積もり金額もあがります。

航路により影響は異なりますが、例年繁忙期全体として、当社の通常価格と比べて20〜30%程度の値上がりとなることが多いです。業務が集中する3月最終週に関しては船枠確保とトラック確保が難しくさらに値上がりする可能性がございます。

お荷物量や住所によっても、お見積もりは変わって参りますので、まずはお見積もりフォームよりお問い合わせください。

 

~ご予約について~

ご予約はWEB見積もりからのご予約お申し込みをお願いしております。

WEBにて簡易お見積もりや注意点をご連絡させていただいたのち、ご予算感に合う場合のみ、予約を進めさせていただきます。

 

〜お電話対応について〜

1・2月ごろから、お電話でのご連絡にかなりの混雑が予想されます。

事前にWEBでご連絡いただいている方を優先的に返答させていただいておりますので、お電話でのご質問には回答にお時間をいただいておりますことをご了承ください。臨時スタッフも雇用して対応に臨む予定ですが、すべての新規電話お申し込みには回答ができない可能性をご了承ください。

 

〜先行予約のご希望について〜

先行予約は一部の出発地域のみ対応いたします。(詳細は下記)

2019年10月現在、すでに多くの3月度の予約希望をいただいています。

先行予約は手付金のお振込を持って対応させていただきます。例年1月末〜2月頭ごろには3月度の予約枠はほぼ完了してしまいます。

*手付金について:引越し代金総額の約1〜2割。

手付金は予約手配に関わる実費として請求させていただき、引越しのキャンセルや延期による返金は受け付けておりませんので、引越しが確定してからご予約くださいませ。

 

〜先行予約の実施区間〜

次の地域のみ先行して、12月1日より先行予約を受付開始いたします。

【先行予約・実施区間】

■関東からのお引越しの方

■中部地方からのお引越しの方

■関西からお引越しの方

■宮古島からお引越しの方

■五島からお引越しの方

*ただし、3/26〜4/5の期間でご用命のお客様に関しましては1月中旬ごろからの訪問見積もりおよび予約開始となります。

先行予約は上に記載の通り、手付金のお振込をもって予約完了させていただきますが、キャンセルの際は返金できませんので、引越しが確定した方のみご利用ください。

次の区間は、1月中旬ごろ見積もり開始予定です。

メールでの簡易見積もりは可能ですが、実際の訪問は1月中旬〜末ごろになるまで実施できません。

【訪問見積もりが1月中旬〜末ごろ以降になる区間】

■鹿児島〜奄美群島間

■沖縄〜宮古島、石垣島間

 

〜先行予約後の変更について〜

・日程の変更について

搬出(荷出し)日の変更は早めにご連絡ください。 予約が集中する日程への変更は追加料金が発生する場合がございます。 またトラック台数にも限りがあるため急な変更はお受けできないことがございます。

・搬入(荷入れ)先の変更について

島の変更や、居住地の変更にも問題なく対応いたします。

(例)鹿児島から奄美大島への引越し予定だったが、急に徳之島に内示が変更なった。

→変更可能です。ただし、船代金の差額分やスタッフ代金が高い地域だと、差額分が若干発生することがございます。 また急な変更では島によっては作業スタッフ確保が難しいタイミングがございます。一度ご相談ください。

 

(例)鹿児島から奄美大島への引越し予定だったが、急に鹿児島本土内に内示が変更なった。

→変更可能です。本土内の引越し料金のみ請求させていただきます。(当然、船代金などはかかりません)

 

(例)沖縄から宮古島に引越し予定だったが、宮古島内で住所が変更となった。

→変更可能です。ただし、遠方だったり、階段のアパートに変更となったり、人員の追加が必要な状況では追加料金が発生することがございます。

 

〜先行予約の開始について〜

繁忙期の先行予約は12月1日から開始いたします。 *先行予約実施区間のみ

 

〜先行予約のフロー〜

こちらのフローをご参考ください。

【お客様】WEBお見積もり・お問い合わせ

【当社】メールでのお見積もり・ご質問へのご回答

【お客様・当社】ご予算感に合う場合、訪問か電話にて詳細なお見積もり。

アポイントの日程を設定。アポイントは12月1日以降にて対応。

*アポイントは一度きりをさせていただきます。

【当社】メールと電話にて正式なお見積もりを提出(有効期限1週間)

【お客様】ご予約の確定。期限以内にお手付金をお振込

【当社】予約受理。引越し作業準備を開始いたします。 上記につきまして お客様には大変ご不便、ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんが

何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

 

 

2019年11月23日

奄美引越便

アイランデクス株式会社

営業本部

年末年始休業日のお知らせ

年末年始の休業期間について

2019年12月25日から2020年1月5日まで

 

上記期間はお電話やメールのお問合わせにもお答えしかねる状況ですので、

お問い合わせにはご注意下さいますようお願いいたします。

※輸送中の車両や引越し荷物については臨時窓口にて対応いたしますので、お問い合わせ中の担当者にお伺いください。

 

また、上記期間中に見積もりや車両のご予約いただいた場合は、1月6日より順次ご対応となりますので、

通常よりも返答にお時間がかかりますことをご了承下さいませ。

特に電話への返答にはお時間をいただくこととなりますので、お急ぎの場合はWEBお申し込みよりご連絡くださいませ。

 

なお冬季休業を跨いだコンテナ荷物や車の保管は対応できかねますので、年内にお引越しや車輸送をご検討の方はお早めにご相談ください。

 

皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承をいただきますようよろしくお願いいたします。

 

2019年11月5日

奄美引越し便

アイランデクス株式会社

営業本部

奄美大島・しーまブログ主催のジョブセンバに参加しました

続きを読む

東京から奄美大島へのお引越し・転勤が決まったら。保証の話し。

「奄美引越便」の池田です。

一番お問い合わせの多い、東京から奄美大島の引越しで、保証についてのご質問をより細かく受けましたので、こちら事例ブログでも共有いたします。

関東で一番お問い合わせが多いのが、東京、次に神奈川、埼玉、千葉からの依頼が多いですね。

 

保証について

保証は、損保ジャパンの法人向け貨物保険・L-PACK

https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/hinsurance/contents1/lpack.pdf

に加入しており、輸送業務中の保証は幅広く対応しておりますが、

海上輸送の特性上、梱包をどこまでしていても小さな凹みや傷が生じることがございます。

小傷はノンクレームとさせていただいております。

 

・お預かり荷物の保証の最大金額は、お支払い金額までとなります。

たとえばお仏壇が250万円の価値があるとしてそのお仏壇が全損したとしても、

お引越し代金までの保証となりますことをご了承ください。

・特にご心配な高額家具がある場合はお客様ご自身で保険に入ることをお願いいたします。

・プラケース・カラーボックスなど無梱包で輸送する小物についての傷破損は免責とさせていただいております。

・船の遅れやトラック輸送の遅れによるホテル代・レンタカー代の保証はできかねますので、

台風などに備えて最低限の生活必需品は事前にお送りするか手持ちで行かれることをお勧めいたします。

 

保証はもちろんですが、何もないのが一番ですので、

破損のないように協力店とともに引越し作業を行えればと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

万が一何か大きな破損などのトラブルがあった場合はお引越し後いつでもご連絡くださませ。

 

** その他、よくある質問はこちらをご確認ください **

https://amami-hikkoshi.info/

 

どうぞよろしくお願いいたします。

奄美大島への家族でお引越しのオススメの方法は?

結婚して子供も生まれて、子育てのために、故郷・奄美大島に帰りたい!と思っている方も多いのではないでしょうか。

「奄美引越便」にお問い合わせいただく方の約20%はそういった子育てのために奄美大島に引っ越しされています。

 

ファミリーが奄美大島に引っ越すに当たり、よくご相談をうけるポイントをまとめました。

 

この記事は、3〜5人のご家族を想定して記載しています。

 

・荷物は10Fコンテナか12Fコンテナにまとめよう。

10Fコンテナのサイズは幅3m 奥行き2.3m 高さ2.3m (約4畳の部屋くらい)

12Fコンテナのサイズは幅3.6m 奥行き2.3m 高さ2.3m (約5畳の部屋くらい)

 

ご家族からのお問い合わせで一番多いのが「どれだけの量を持っていけるのか」というご質問です。

経験上ですが、、、大物家具だけにしぼれば、10Fコンテナでもなんとか詰めていける方も多いです。

ただし、Wベッドや学習机が複数など、場所をとるものがいくつかあると、すぐに10Fはいっぱいになってしまいます。

10Fサイズの容積は15立米(立方メートル)程度ですが、大型の冷蔵庫は一台で1立米程度の場所をとります。

また大人用の自転車も、使えない余計なスペースが生じるため1台で1立米程度の場所をとる計算をさせていただいています。

 

細かくはWEB見積もりフォームから連絡いただければご相談に乗れます。

 

・梱包はどこまでしたらいいの?大物はお任せ下さい。食器は厳重に。

次にご質問が、どこまでの梱包をしたらいいのか、というものです。

基本的に肩幅より大きな家具家電はこちら梱包しております。冷蔵庫、洗濯機、タンスなど。なので当日は電源を切って、梱包の準備をしておいていただければOKです。

小物の梱包でご注意いただきたいのが、食器類です。陸送での引っ越しより倍以上厳重に梱包してください。

港でコンテナに積み替えて、フォークリフトで作業します。フォークリフトは、思った以上に機敏に動き回るため、中に入ってる荷物への衝撃が大きいです。

荷物どうしはなるべく傷がつかないように梱包し、コンテナ専用の積み方をしますが、段ボールの中はどうしても対策しにくいので、割れ物はご注意ください。

 

・生活必需品は先に郵送するか、手持ちで行こう。

奄美大島のような離島引っ越しで一番厄介なのが、船の遅れです。

台風や大しけが重なれば、2〜4週間船がつかないということもありえます。

またやっと船が動き始めたと思っても、生活物資優先で積み込まれるため、引っ越し荷物はどうしても後回しにされてしまいがちです。

(なるべく後回しにされないように、年間を通して船会社との関係を大事させていただいております)

 

長期間荷物がつかないと、ホテル暮らしを余儀なくされる人も多いです。

そういったことをなるべく避けるため、先に郵送することをお勧めしています。

 

先に郵送すべき生活必需品

・電球:電気がつかないと夜が大変です。

・電気ポット:お湯が沸かせればカップ麺なども簡単に。

・石鹸やシャンプーなど:お風呂に入れるように。

・フライパン1つに、調味料を少し:かんたんなご飯が作れるように。

・最低限のお皿やスプーンなど

・タオル類は多めに:なにかと役に立ちます。

・延長コード

(奄美にはホームセンターなどもあるので、布団や毛布は最悪購入できます)

これくらいの荷物だと、段ボール1、2個で先に送れますので、引っ越し前に余裕をもって奄美大島に届けておくことをお勧めいたします。

ヤマトやゆうパックなら離島料金がありませんのでお得ですし、奄美大島の営業所止めの電話をしておくことで、マンション契約前でも奄美に届けておけます。

 

ご家族で奄美大島にお引っ越しされる方はご参考にくださいませ!

 

** その他、よくある質問はこちらをご確認ください **

https://amami-hikkoshi.info/