奄美群島・徳之島への引越し事例

奄美引越し便のアイランデクス担当のMです!

今回は、関西から徳之島へとお引越しをされてきたA様のお引越しの様子をご紹介いたします!

 

【徳之島って??】

奄美群島には8つの有人島があります。 その中でも奄美大島に次いで大きいのが、今回のお引越し先の徳之島です。

人口も2万人強と、奄美群島では2番目の規模です。

 

奄美大島のすぐ南に位置しており、さらに南隣には沖永良部島が並びます。

大和と琉球がミックスされた独特の文化が根付いていたり、牛どうしを闘わせる【闘牛】が全国でも屈指なぐらい盛んだったりと、非常に個性的な地域です!

豊かな自然や固有の動植物も多く、2021年7月には世界自然遺産にも登録されました。これからますます注目されていく島でしょう。

続きを読む

加計呂麻の須子茂(すこも)へ引越しを実施

加計呂麻島への引越しは年間3、4件程度をこなすようになりました。

 

今回は、自社のトラックを活用して、加計呂麻の須子茂集落までのお引越しを実施しました。

 

集落内は非常に狭く、2トントラックが通過するのがやっとの幅でしたが、集落の方々の協力もあり、無事引越しを終えることができました。

 

引越しが始まると、島民の方々が集まってきて、一緒に引越しを手伝っていただきながらの実施となり、まさに離島引越しと言える引越しとなりました。

 

また今回の引越しでは、三線を用意して、引越しのお祝いに民謡をプレゼントいたしました。

 

弊社にとっても思い出深い引越しとなりました。

 

この度はご利用ありがとうございました。

 

 

※コロナ禍ということもあり、島に入るスタッフは陰性証明を取得し、集落の方の同意を得て、島に入っています。また万が一の場合を考慮して、お客様との接触は最低限に、引越し作業中もソーシャルディスタンスを維持した引越し作業を行っています。

奄美大島・瀬戸内町への引越しが増えています。

7月に入って、海上保安庁や自衛隊等の問い合わせが増えてきました。なかでも奄美大島瀬戸内町の問い合わせが増えています。阿木名集落にある官舎の影響でしょうか。

また7月から奄美も「世界遺産」登録がなされます。その影響もあってか、島も動きが活発になってきました。

 

世界自然遺産登録に合わせて、奄美大島内でもいろいろな取り組みが行われようとしています。

 

コロナ禍の鬱憤を吹き飛ばすような、楽しいイベントが開催できることを祈っております。

徳之島の引越しでは「コンテナだけ」のセルフ引越しもご利用が多いです

奄美群島の引越しでよく利用されるのがコンテナ。コンテナを直接ご自宅に前にお持ちして、引越しすることを専門用語で「コンテナ宅前」といます。

 

そのコンテナ宅前を「セルフ」で行う、すなわち、到着したコンテナから自宅内への搬入をお客様ご自身だけで行うセルフ引越しも稀にご利用いただいています。

 

奄美群島の中でも、徳之島はその宅前セルフを希望する方が多いように思います。

 

コストダウンの方法にもなりますので、体力に自信があったり、集落で4、5人の男手を集めることができるような人間関係のある方には、オススメかもしれません。

ただこの真夏のような暑さの中では、本当に大変なので、体力に自信のない方にはまったくオススメできません。詳しくは担当スタッフにお問い合わせください。

 

 

喜界島発着の引越しをご希望の方はお早めにご連絡ください

喜界島発着の引越しをご希望の方はお早めにご連絡ください。

 

今年も3月は鹿児島から奄美群島の引越しが予約満載となる予定です。喜界島の対応枠は一番限られるため、公務員引越し(内示)由来ではなく、一般のお客様で喜界島への引越しが決まっている方は、お早めにご連絡ください。

3月から公務員の内内示がでると、いっきに予約枠が埋まってしまいます。

 

1月から問い合わせが止まらない日々が続いておりますが、なんとか一人でも多くのお客様にお引越しをご案内できるように、スタッフ一同頑張ってまいります。